2016年 11月 26日

『和風建築の木造一戸建を広いビルドインガレージを設えたおしゃれな一戸建にフルリノベーション』

こんにちは~!

すっかり寒くなってきましたね。

前回ブログを更新したのが10月10日でしたので1ヶ月以上経ってしまってます。

また、前回のブログでゲストハウスの問い合わせが増えてますと

お話ししてましたが、その傾向は顕著になってきているように感じます。

それに伴ってかどうか定かではありませんが、一戸建・マンションともに

京都市内は全般的に物件が品薄状態が続いておりますし、金額も高値の状態です。

京都の不動産については、現状少しバブルな感じになっておりますので

あまりうれしい状況ではありません。


そんな今日この頃ですが、前置きは短めにして早速本題に入っていきたいと思います。

今回リノベーションさせていただくのは木造2階建の一戸建です。

また、場所は京都ではなく奈良になります。

ご依頼いただいた経緯は弊社のHPをご覧いただきお問い合わせいただきました。

そしてご来社いただいてご要望や予算などをお聞きし、詳しくお話しを聞かせて

いただき、弊社でリノベーションいただけることがご確認いただけましたので

進めさせていただくことになりました。


京都では弊社をご存知の方も案外多いと思いますが、他の地域ではまだまだそうでも

ありませんので、このような経緯でご依頼いただけるのは大変光栄なことです。

また、リボーンキューブらしいデザインを気に入っていただいておりますので

それを全面に出しつつも、お施主様に満足いただける素敵な空間を一緒に楽しく

創らせていただければ思っております。

それではいつものようにビフォア写真を追ってお伝えしていきますね。

まずはこちらの写真からです。
e0052882_11302064.jpg


More 続きは、こちらからどうぞ!
[PR]

# by reborncube | 2016-11-26 13:15 | リノベーション | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 10日

『既存建物の趣を活かしたローコスト京町家宿(ゲストハウス)リノベ』

おはようございます!

またまたブログがご無沙汰してしまってましたが、その間も変わらず

コツコツとやっておりました。

ブログを更新してなかった1ヶ月ほどの間にいろいろありましたが、

何といっても特筆すべきは、京都市内でゲストハウスをされたい方の

お問い合わせが増えたことです。

ここに来て急増しているように感じられます。

ゲストハウス向きの物件購入からのご相談や、すでに所有されている物件を

リノベーションしてゲストハウスを運営されたい方など様々です。

また物件購入からお考えの方は、なかなか条件に見合うよい物件がなく、

品薄状態といったところです。

その理由は、用途地域の問題などから、適用区域外という物件が大きな要因です。

もちろん許可を取らずに運営するのであれば、勝手にできますが(現在京都市内で

運営されているゲストハウスは、未許可のモノが7~8割あると言われております。)

これから運営される方は100%許可を取得し、合法的に運営されますので、

許可の取れる立地での物件確保が非常に厳しい状況になっております。


・・・ということで、ゲストハウスの近況報告を兼ねて、ブームとも呼べるような

状態になっておりますが、オリンピックを控え、京都という立地から考えても

仕方ないことかも知れませんね。

そして今日の本題は、まさにそのゲストハウスをリノベーションさせていただいている

物件のお話です。

ゲストハウスを運営されるお施主様よりのご依頼でリノベーションをさせて

いただいております。

タイトルにもある通り、既存建物が京町家の趣が色濃く残る味のある建物です。

なので、そのような建物だからこそ、お施主様もゲストハウス運営しようと

決断されて、リボーンキューブにご依頼いただきました。


それでは、いつものようにビフォア写真を追って、お伝え致しますので

早速いってみましょう!

ではまずはこちらの写真からになります。
e0052882_14525212.jpg


More 続きは、こちらからどうぞ!
[PR]

# by reborncube | 2016-10-10 11:18 | リノベーション | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 10日

『あの餃子で有名な中華料理店だった建物を、一棟まるごとおしゃれで快適な店舗兼住宅にリノベーション』

こんにちは~!

またまたずいぶん更新が空いてしまいました。

気が付くと夏が終わって秋の気配が日に日に深まって来る季節に

なってきましたね。

それにしてもこの夏は本当に暑かったですね~。

例年に増して太陽の日差しが突き刺さるような感じがしました。

みなさんはいかが思われましたでしょうか?

ですがそんな夏もピークを過ぎて朝晩も少しづつ過ごしやすく

なってきましたね。

ですが、油断しているとまた急に暑さが戻りかねないので

気を抜かない様にしないといけません。

そして少しづつ秋の気配を感じるようになる日が多くなってくるのが

楽しみですね。

ではそんな今日この頃ですが、ブログ更新が空いていた間のことを

いろいろとお伝えしないといけないような、そうでもないような

感じですが、手早くお伝えしたいと思いますので、前置きはなしにして

早速本題に入っていきたいと思います。


今回はタイトルの通り、餃子と言えば・・・で超有名なあの中華料理店だった

あとをリノベーションさせていただきました。

ご想像の通りビフォアはかなり気合の入った状態です。

特に油でこてこてなのは言うまでもありません。

また今回は住宅だけでなく、店舗も造らせていただきます。

ですので住居の方は少し前に工事が終わってますが、店舗が

まだ完了してませんでしたのでお伝えしておりませんでした。

また何の店舗かと申しますと、美容室ではなく、理容室です。

現状からは全く想像できないかっこいい空間を造らせていただく予定です。

その様子は少し先になりますが、まずはいつものようにビフォアを

ご覧いただきながらお伝えしたいと思いますので早速いってみましょう!

ではまずはこちらの写真からです。
e0052882_15431468.jpg


More 続きは、こちらからどうぞ!
[PR]

# by reborncube | 2016-09-10 16:57 | リノベーション | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 18日

『ベッドタウン高の原で、こだわりのオーダーキッチンが映える広々1LDKマンションリノベ』

こんにちは~!

またまた久しぶりの更新です。

前回の更新が1ヶ月前ですので、基本的に1ヶ月に1回ペースで更新すれば

久しぶりではなくて普通のペースということになりますね。

なんだかよくわからない理屈を言ってますが、そんな感じで

ゆる~く更新させていただいております。


ところで、このところ中古物件を購入いただきリノベーションさせていただく

お客様のための物件探しをしていて、リノベーションを始めた頃とは

全く市場が変わったなぁ~と痛感します。

あの頃はバブル後で不動産がダブついており、中古物件は一戸建・マンションとも

市場に比較的手ごろな価格で豊富にありました。

特にリノベーション向きな物件となると築年数が20~30年経った物件でしたので

どちらかいうとあまり見向きもされないというような感じでした。

なのでお客様に比較的安価な価格で購入いただくことができましたし、

選んでいただく余裕もありました。

しかし現在は本当に物件が少なく、築年数の古さに関係なく、手ごろな価格の物件が

売出しされるとすぐに決めないと売れてしまいます。

場合によっては不動産業者が購入して再販するケースも多々見受けられます。


中古物件市場がそれだけ活況を呈しているということはよいことなんでしょうが、

実際はどうなのかぁ~という感じがします。

実需だけではなく、投機的な部分がかなりあると思いますので、結果的に

不動産価格が吊り上がっている感が否めません。

ですので今後も不動産市場の動向をしっかりと見極めながら、できるだけ適正な

価格の物件をお客様にご紹介をしていきたいと思っております。

また以上のようなことから、なかなか物件が見つからずお客様にご紹介出来ない

ケースが多々ありますが長い目でお付き合いいただければと思います。


以上のように最近、とみに感じたことをお伝えしました。

それでは前置きはこれぐらいにして本題に入っていきたいと思います。

今回はマンションのリノベーションになります。

今回手掛けさせていただくマンションですが、築年数が28年経過してますが、

いままでにこのように大規模なリノベーションをこのマンションでされた前例がなく

管理組合様を始め、マンションの住人の方々にご迷惑をお掛けしましたが、

なんとかご理解いただきながら工事を進めさせていただくことができました。

このような側面から言えばリノベーションはまだまだマイナーということになりますね。


それではいつものようにビフォアの写真を追ってお伝えします。

今回のお施主様はご自分で物件をご購入されましたのでリノベーションから

お手伝いさせていただきました。

それでは、まずはこちらの写真からです。
e0052882_11260709.jpg


More 続きは、こちらからどうぞ!
[PR]

# by reborncube | 2016-07-18 15:19 | Free layout | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 18日

『メゾネットの大空間を活かしたネコと暮らすコロニアルテイストのマンションリノベ』

こんにちは~!

いつものようにブログが空きがちですが久々に更新します。

どうしてもFacebookTwitterの方が更新しやすいのでブログが

疎かになってしまいがちですね。

・・・と言い訳しつつ進めてまいります。


ところで最近、建築系でおしゃれな住まいやリノベーション作品

そしてインテリアなどを無料で紹介するサイトが増えましたね。

メジャーなところでは、HomifyHouzzLimiaHousyiemo

などでしょうか。

そしてまた最近HouseNoteというサイトが新しく出来て、弊社も

参加させていただいております。

どのサイトもそれぞれに独自の視点で作り込みがしっかりしており、

掲載されている作品も非常に多く、インテリアなどの情報も満載なので、

その中から弊社の作品にたどり着いていただくのは至難の業かと思いま

すが、見ているだけで楽しいので、またご覧いただける機会があれば、

ぜひそれぞれのサイトをチェックしてみて下さいね。


それから詳しくお話しできないのが残念ですが、新しい試みを模索している

最中で、なかなか具体的なカタチにならないためもどかしいところです。

ですが何事にもタイミングがあると思いますので、ここはグッと堪えて皆さんに

お伝えできる日が早く来るのを楽しみにしておりますので、その時が来ましたら

またご報告させていただきますね。


それからタイムリーなのでお知らせします。

6月14日(火)にリライフプラスVol,21が発売されました。

今回ももちろん弊社の作品‟bolge”を「リノベでSOHO」という企画で

取材いただいてます。

今回は奥様がカメラマンで、その仕事場兼書斎としてお使いいただく

スペースを確保しました。

すっごくおしゃれにお住まいいただいている様子と共にお伝えして

ますのでぜひご覧下さいね。


それからこの号からリライフプラスが季刊誌になったということです。

知らなかったのですが今までは季刊誌ではなく年間で3冊が目途で

発行されていたようです。

この出版不況と言われる時に発行回数が増えるということはそれだけ

皆様に支持されているということですので本当にうれしいです。

そしてそんな中、今回の企画で「おすすめリノベ会社50社」というのがあり、

弊社もそのおすすめリノベ会社として取り上げていただいております。

またその50社ですが全て同じページ数で紹介されているのではなく

2ページ使って紹介されている会社もあれば、1/2ページで紹介されて

いる会社もあります。

そして弊社はなんとドド~ンと2ページに渡りご紹介いただいております。

リノベーション専門誌でこのようにご紹介いただけているのは本当に

うれしい限りです。

これからも奢らず真摯にお客様と共によい作品を創っていくようにしたいと

これを機に気の引き締まる思いです。

ですのでぜひ今号のリライフプラスをご覧いただければ幸いです。
e0052882_16502213.jpg


More 続きは、こちらからどうぞ!
[PR]

# by reborncube | 2016-06-18 15:38 | doung | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 23日

『レトロ感いっぱいの音楽室のある古民家リノベ』

こんにちは~!

かな~りご無沙汰しており、誠に申し訳ございませんでした。

更新しなくては、と思いながら後回しになってしまっておりました。

「ブログを楽しく読ませていただいてます」というお客様のお声を

お聞きしますので、そのような方にも謹んでお詫び申し上げます。

これからも不定期で申し訳ありませんが細々と続きていきますので

見捨てずにお付き合いいただければ幸いです。

そして更新が滞っている間も、いろいろありましたが、あり過ぎてどこから

お話ししていいかが解らないため、ここは思い切って省かせていただきます。


ただし1点だけお伝えさせていただきたいのは本日HPに新規リノベーション

作品‟neuf neuf(ヌフヌフ)”をアップさせていただきました。

本来であれば、このブログにビフォア写真をアップするのですが、ビフォア写真

としてアップできる画像がなかったため省かせていただきました。

その理由は、倉庫にような使い方をされていたため、荷物が多すぎて部屋として

判別がつかない状態の写真しか撮っていなかったためです。


では、早速本題に入らせていただきたいと思います。

今回はタイトルの通り、古民家一戸建てのリノベーションになります。

建物自体は古民家というか、昔田舎によくあった農家のような佇まいです。

そしてなんだかすごく懐かしく感じます。

昔、結構な田舎に住んでおり、友達の農家の家がちょうどこんな感じ

だったのを記憶してます。

なのでなんとも言えない郷愁を感じさせます。


それではいつものように写真を追ってビフォアをご説明しますね。

まずはこちらの写真からです。
e0052882_10572490.jpg


More 続きは、こちらからどうぞ!
[PR]

# by reborncube | 2016-05-23 14:45 | largo | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 28日

『和室のあるリビング空間をデザリボでウォークインクローゼット(WIC)付のおしゃれ空間にイメージチェンジ!』

こんにちは~!

ブログをアップしようしようと思いつつ気が付けば3月が終わろうとしてます。

なんとか3月中にアップできてよかったです。

そんなに忙しかったのかどうか定かではありませんがどうしてもブログをアップ

するためには準備やなんやかやで時間が掛かるため、ついつい億劫になりがちです。

その間いろいろありましたが前置きはあまりせずに、お伝えしないといけないことだけを

掻い摘んでお伝えしますね。

まず「リライフプラスVol,20」に今回もリボーンキューブの作品を掲載いただきました。

そして同じ扶桑社さんの雑誌で「住まいの設計5・6月号」にもリノベーション特集欄に

一戸建のリノベーション作品を掲載いただきました。

それぞれ掲載いただいた作品は‟iyia mas(ヤマス)”と‟Oar(オール)”です。

先の方がマンションのリノベーションですので「リライフプラスVol,20」に

掲載いただき、あとの分を「住まいの設計5・6月号」に掲載いただきました。

どちらもこだわりいっぱいのお施主様ですので、本当にいい感じにお住まいで

雑誌に掲載されるにふさわしく素敵にお住まいいただいておりました。

ぜひ機会があればそれぞれの雑誌を手に取ってご覧いただければ幸いです。


・・・ということで最低限お伝えしたい内容に絞って前置きさせていただきました。

それでは本題に入っていきますが、今回はデザリボ作品になります。

コンセプトで詳しくお伝えしておりますが以前にリノベーションさせていただいた

お施主様のお母様でマンション購入を少し前からご検討されてました。

そして見つかった折にはリボーンキューブでリノベーションを頼みたいと思って

いただいておりました。大変光栄なことです。

そしてかなり探されてやっと見つけられたのが、築3年のマンションでした。

実際内覧させていただいた際も全く手を付ける必要がないほどの状態でした。

お聞きすると売主様はお住まいではなくセカンドハウスとしてお使いだったため

ほとんど真っ新な状態でした。

そしてエアコンや冷蔵庫などもそのままでお引渡しを受けられました。

そんな状態でしたので敢えてこだわりたいところだけをご依頼いただきました。

それがリビングをイメージチェンジするという選択でした。

ではどのようにデザリボさせていただいたかを今回はビフォア・アフターを

比べていただくカタチでお伝えしたいと思います。

ではまずビフォア写真からご紹介しますね。
e0052882_13381183.jpg


More 続きは、こちらからどうぞ!
[PR]

# by reborncube | 2016-03-28 14:30 | dezaribo#014 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 15日

『広い専有面積を活かしてご家族3人+ワンちゃんがゆったりくつろげる北欧テイストのマンションリノベ』

みなさんこんにちは~!

昨日までの2日ほど季節外れの暖かさでしたね。

急に暖かくなると何を着ていいのか解らなくなりますが

その分少し春を感じられてうれしい気もしました。

ですがまた今日から本来の寒さが戻てきましたので

体調を崩さないようにお気を付けくださいね。


ところで話が全く変わりますが‟homify(ホミファイ)”というサイトを

ご存知でしょうか。

少し前のブログでご紹介しましたが、最近このような住宅専門サイトで

おしゃれな建物やインテリアを紹介するサイトが増えてますが、

その中でもドイツ生まれの有名なサイトなんです。

そのサイトのマガジン欄にてリボーンキューブの作品‟Life”を

リノベーションで手に入れた川のせせらぎが聞こえる一軒家」という

タイトルで取り上げていただきました。

どれだけの方にご覧いただけるのかは解りませんが、ひとりでも多くの方に

ご覧いただきリノベーションの参考にしていただけば幸いです。


このことをブログをアップする際にはぜひご紹介したいを思っておりましたので

取り上げさせていただきました。

よろしければぜひご覧下さいね。

ですが、このサイトにはまだ作品を全然アップ出来てませんので

これを機会に徐々に増やしていきたいと思っております。


それでは前置きはこれぐらいにさせていただき本題に

入っていきたいと思います。

今回は専有面積が86㎡あるマンションのフルリノベーションになります。

これだけ専有面積があると同じ浦井の床面積の一戸建よりも階段や

ローカ部分が少ない分広くご使用いただけます。

こちらをご家族3人+ワンちゃんで快適にお住まいいただくために

リノベーションさせていただきます。

現在すでに工事中ですがいつものようにビフォア写真を追って

ご紹介していきますね。

それでは早速いってみましょう!

まずはこちらの写真からです。
e0052882_17292143.jpg


More 続きは、こちらからどうぞ!
[PR]

# by reborncube | 2016-02-15 11:25 | suuri | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 02日

『古くて和風な木造一戸建を木のぬくもりが感じられる北欧風な空間にリノベーション』

みなさんこんにちは~!

あっという間に1月が終わり、2月がスタートしましたね。

ほんといつもながら月日の経つのが早く感じられます。

ブログも1月中にもう1回ぐらい更新するつもりだったんですが

結局2月に入ってしまいました。

また賃貸物件の入れ替え時期でもあるため何かと慌ただしく、

弊社で募集していたリノベーション賃貸物件も早々に決まったりしております。

現在は‟KUROKAWA”が募集中ですので、ぜひこの機会にリノベーションされた

賃貸物件にお住まいになりたいと思われている方は早めにご検討下さいね。


・・・ということで前置きは短めにして早速本題に入りたいと思います。

今回はタイトルの通り、一戸建のリノベーションになります。

またフルリノベではなく、1階メインにリノベーションさせていただきます。


今回のお施主様からご相談いただいた経緯ですが、元々知り合いの大工さんに

改装の相談をされてましたが、どうしてもデザインを含め、思われるイメージを

叶えるべく、大工さんにお話しされるものの、うまく伝わらずにカタチにならない

ということから、リボーンキューブにご相談いただきました。

なので限られた予算でのご相談ですが、その中で最大限できることをさせて

いただくため、リボーンキューブからもいろいろなご提案をさせていただきながら、

水回りも含めて一新するカタチでリノベーションさせていただきました。


それではどのようにリノベーションさせていただいたのかも含めながら、

いつものようにビフォア写真を追ってご説明させていただきますね。

ではまずはこの写真からです。
e0052882_11071673.jpg


More 続きは、こちらからどうぞ!
[PR]

# by reborncube | 2016-02-02 16:01 | Malmo | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 18日

『機能面と収納力にこだわった大容量のパントリーを設え、キッチン空間をメインにしたマンションリノベ』

みなさんこんにちは~!

前回のブログ更新が昨年でしたので、今年初めての更新ですが、「あけまして」と

言うには少し日が経ちすぎてますね。

いつものことながら更新が遅れがちですが、今後も更新しますので見限らずに、

今年もこのブログをよろしくお願いします。


ところで、年の初めということもあり、今年の抱負を少しお話しできればと思います。

ひとことで言うと‟チャレンジ”の年にしたいと思っております。

もちろん今までも新しいことにチャレンジしてきましたが、今年は特に

それを念頭に置いて、新たなステージにチャレンジしていきたいと思いますので

昨年までとはひと味違うリボーンキューブにご期待ください。

と言いつつ、今年の終わりに見返してみると例年と何が違うの?とツッコミを

入れられそうなことになるかも知れませんが、それはそれとしてこの思いを

しっかり持って邁進したいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いします。


・・・ということで抱負になったかどうか定かではありませんが、

ではそろそろ本題に入っていきたいと思います。

今回はマンションのリノベーションになります。

実はすでに工事が完了しておりますがブログが追いついてないため

今回の更新となりました。

それではいつものようにビフォアを追ってお伝えしますね。

まずはこちらの写真からです。  
e0052882_16495990.jpg


More 続きは、こちらからどうぞ!
[PR]

# by reborncube | 2016-01-18 13:20 | 夕凪 | Trackback | Comments(0)