リノベしよう! ~Re:BORN cube リノベーションブログ~

reborncube.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 11日

『都会のホテルライクな空間×パリのアパルトマンな空間』(工事開始!)

両現場ともほぼ同時に工事を着工しました。

まずは解体工事からです。

マンションによって壁面の仕様が違ったり、配管が違ったりで実際に解体してみないと

分からないことも沢山あります。

また基本はフルスケルトンにして新設していきますが出来るだけ使えるモノは使って

リノベーションするという考えでいますので、つぶさなくて良い間仕切り壁や床などは

下地として使います。

もちろん下地としても使えないぐらい傷んでいる場合は別ですが多少補強したら

使えそうな場合などは残して利用します。

その方が費用も少しでも安く済みますしエコですもんね。

e0052882_13142515.jpg

e0052882_1314436.jpg


まずは「都会のホテルライクな空間」の方ですが、思った以上に配管や配線が複雑に

走ってます。

特にマンション全体でセコムの警備システムを導入されているのでその配線が

蜘蛛の巣状にはり巡らされています。

天井はスケルトンにしますのでその配線を束ねて出来るだけスッキリするようにし直します。

もちろん配管も同じで出来るだけ配管経路を統一して配管自体は見えてきますが

そんなに気にならないようにします。

これは専門である電気屋さんや設備屋さんの出番です。

必要最小限の配線や配管で済むようにしていただきます。

さすがプロという仕上がりになります。

e0052882_13151131.jpg

e0052882_13153097.jpg


次に「パリのアパルトマンな空間」の方ですが、こちらは外部と接する壁面に断熱のための

ウレタンを吹き付けてあるために壁面をスケルトンに出来ません。

ですので天井はスケルトンですが壁はスケルトンにしません。

以前にこのマンションでリノベーションを経験していたために解体する前から

予測できましたので費用も含め織り込み済みでした。

でも初めてであれば解体して初めて解った事実であったでしょうからその場合は

費用にも跳ね返っていたと思います。

やはり一度リノベーションをしたマンションは何かにつけてやりやすいです。


と言うような感じで両現場とも工事に着手しました。

どちらも個性的な空間になりますので本当に今からワクワクです。

それでは今日はこのへんで・・・。

Re:BORN cube HP

追伸
いよいよもう2物件を近日中に着工しますので次回に詳細をアップします。
またもうすぐ「和モダンな一戸建リノベ」が完成します。
そちらも近日中にブログにてアップしますのでお楽しみに!

by reborncube | 2008-08-11 13:34 | リノベーション | Comments(0)


<< 『ハイクラスでluxuryなマ...      ◆〓◆和モダンな一戸建リノベ ... >>